取扱いの海外医薬品

たくさんの薬

では海外医薬品の通販サイトではどのような薬剤を取り扱っているのか気になりますのよね。また、日本の薬とどのような違いがあるのかも含めて紹介しましょう。

基本的に、人には言えない症状の改善としての薬剤が目立つ海外医薬品。例えるなら、勃起不全や陰茎増幅、性欲増加や早漏防止など男性を対象とした性的な症状に対するものから、ピルや妊娠検査薬、生理痛等の鎮痛剤やホルモン剤など女性の生理的医薬品まで取りそろえているのが特徴となっています。やはり性的な面や生理的なものは、他人に知られず薬を使いたいという消費者の願いであり、そのニーズに合致したシステムが海外医薬品の通販サイトであるといえるのです。

また、海外医薬品には数多くのジェネリック医薬品が存在します。ジェネリック医薬品とは先発医薬品と同じ有効成分を同じ量含んでおり、先発医薬品と同等の効能や効果が得られると認められたお薬のことです。ジェネリック医薬品の「ジェネリック(generic)」とは「一般的な」という意味です。ジェネリック医薬品が普及している欧米では、処方せんに記載するお薬の名前を、商品名ではなく一般名(成分名)で記載することが多いため、「ジェネリック医薬品」と呼ばれています。新薬である先発医薬品と比べて、ジェネリック医薬品の薬価(薬の価格)は、約3割から5割程度安くなるように定められています。

ジェネリック医薬品を製造する際には、先発医薬品によって、その有効成分は確かに効き目があるのか(有効性)、安全に投与することができるのか(安全性)といったことがすでに確認されているため、開発に要する時間や費用が少なく、コストを抑えることができます。つまり、ジェネリック医薬品は、先発医薬品と比較して安いからといって品質が劣るわけではなく、有効性や安全性が十分に確認された有効成分を利用することで、開発コストを抑えられるため、安い薬価で販売できるお薬なのです。

Copyright(c) 2018 海外医薬品の通販サイトで便利に健康ライフ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com